導入フロー
当社における木工用機械の製造の流れをご紹介します。
各段階の重要なポイントを詳しくご覧いただけます。
ご依頼
機械を必要としているお客様より、ご依頼を承ります。
弊社では長年の経験に基づき、生産能力や品質の向上、コストダウン、製造ラインの自動化など、さまざまなニーズにお応えできます。
仕様・打ち合わせ
製品企画や生産能力、コストなど、お届けする産業用機械を製造するうえで不可欠な情報を、お客様からヒアリングさせていただきます。
機械の方向性を決める非常に重要な作業と位置づけられます。
構 想
お客様からヒアリングしたご要望をもとに、お届けする機械の「構想図」を作成します。これは機械の概要や、基本的な製造の流れをまとめたもので、こちらと合わせてお見積りをご提出します。
社内ミーティング
お客様に構想をご承認いただいたあと、社内の各担当スタッフ間で情報の共有を行います。

その中で最も大切なことは「お客様が何を望んでいるのか。」
スタッフ全員がこれを正しく理解していないと本当の意味で“すぐれた機械”はできません。
機械設計
構想をもとに、当社が持つノウハウと柔軟な発想で、機械の詳細にわたって設計を行います。それに加工・電気・組立の3要素が加わり、連携して作業を行います。
製 作
設計図に基づき組立担当者が製作致します。お客様立会いのもと、社内工場にて実際の製造ラインを組立て、動作確認や操作性確認、カバー取付個所など、お客様にご納得いただけるまで調整を行います。
完 成
お客様にハイクオリティな機械をお届けするには、日々の自己研鑽が不可欠です。弊社では、自社基準による厳密な社内検査を実施して、完成となります。
納 品
完成した機械の搬入から装置の立ち上げ、オペレーターの指導まで、実際にお客様の工場に設置してからのフォローも万全です。
アフターフォロー
納品後も保証期間を設け、万が一機械のトラブルや不具合が発生した場合にも対応しております。
また、1年毎の定期点検を実施しお客様がより長く機械を愛用していただけるように勤めております。

以上、ご不明な点がございましたらお気軽にスタッフまでご相談下さい。